読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編集 (万+一)葉集

おもに秘密結社?「α-music」で発表した「語り」の為の短編台本集です。

告知 付録「印度の虎刈り」 番外編

告知 もともと、このブログは「α-musicで発表した短編を記録として載せる」ことを目的として開設しました。「α-musicでの語り(朗読)は、原則未発表の作品に限りたい」という田中早苗の意向があり、2017年春のα-music後まで、新たな作品の掲載は控えることに…

音楽会における緊張のほぐし方

音楽会における緊張のほぐし方 たなか秀郎 「緊張してはいけない」「緊張したくない」そういうときに限って人は緊張してしまう。 たとえば、上司や同僚が見守る中でのプレゼンテーション、結婚式の祝辞、地上六十メートルの上に張られた綱渡りの綱に第一歩を…

注文の少ない料理店

注文の少ない料理店 たなか秀郎 二人の若い紳士が、すっかりイギリスの兵隊の形をしてぴかぴか光る鉄砲をかついで、だいぶ山奥の木の葉のかさかさしたとこを歩いておりました。 そのときふと、うしろを見ますと、一軒のみすぼらしいトタン波板バラック造りの…

可哀相な豚

可哀相な豚 田中秀郎 豚はとても頭の良い動物です。犬と同じくらい賢いのです。 豚のハチベエは飼い主の日暮里博士が大好きでした。家ではいつも博士の側に座ったり寝そべったりしていました。 博士は毎朝、大学へ出掛けます。するとハチベエは博士を見送り…

ニャゴリング創世記

ニャゴリング創世記 たにゃか秀郎 ニャンニャンはニャンゴロの母なり、ニャンニャンの子ニャンゴロ、ニャンゴロニャンを生み、ニャンゴロニャン、ニャンゴロニャンニャンとニャンゴロゴロを生み、ニャンゴロゴロ、ゴロゴロナーゴを生む。ニャンゴロゴロ、ゴ…

スフィンクス

スフィンクス 2014 1月11日 みなさんはスフィンクスをご存じですね。 ライオンの身体、美しい女性の顔、乳房、鷲の翼を持つ、神の使いまたは怪物、というものです。 近年ではこの名前の付いた毛のまったく生えていない猫も居ますが、これはまた別の話…

印度の虎刈り

印度ジャマンギアーナでは、代々、王は「印度の虎」を名乗った。 尊大な王が自称したものか、家来や民が畏敬の念を籠めたものか、それは知れない。 七世を数えると、その王は「印度の虎刈り」と呼ばれた。 初めは、乳母が幼い王子を愛情籠めてそう呼んだもの…

ブログを始めます

短編小説をここに纏めることにしました。なにしろ書いたものを保存していなかったりプリントアウトしてもどこに仕舞ったか分からなかったりなので…